一休法務事務所 岡山 お電話でのお問い合わせ0120-193-552

私から未来への約束

2015年08月7日

司法書士の牧です。
今日は、成年後見と任意後見のお話をします。
認知症や障がいで、既に判断能力が難しい人には 家庭裁判所で
成年後見人などを選んでもらう (法定)成年後見があります。

今は元気だけど、将来分からなくなったら、この人に色々とお願いしたい
という人には、任意後見契約があります。

イメージで言えば・・・
「私が亡くなったら、この人に財産をあげたい」 というのが”遺言”で
「私がわからなくなったら、この人に管理などをお任せしたい」 が”任意後見”
どちらも公正証書で作成することができます。

もちろん、亡くなった後や、わからなくなった時のことは、なるようになれ!
という人生の選択もありますが、自分で決めておきたいという人は
幸せな人生の為に、ぜひ、活用をしてくださいね。

司法書士事務所 一休法務事務所へはフリーダイヤル0120-193-552